キャッシング比較

大手キャッシングを比較して審査に受かろう

キャッシングを比較すると、審査規準がそれぞれ多少違います。

 

A社は審査が通ったけどB社は通らないということがあり、初めての方はやみくもに
選んであれこれ申し込みをしてしまうと、逆にブラックになり、どこも審査に通らないことが
あります。

 

一般的に良く言われるのが
『銀行(系)よりも消費者金融の方が審査は通りやすい』

 

そう聞くと不安がある方は消費者金融にしようと思うかもしれませんが、審査だけでなく
利息や限度額なども比較しなくてはいけません。

 

キャッシングを比較すると
審査基準が消費者金融と銀行では大きく違う点が1点あります。

 

最近では、パート・アルバイトでも安定収入があれば20歳以上なら学生でも申し込みが出来ますが、銀行のキャッシングは専業主婦(主夫)でも配偶者に安定収入があれば申込むことができます。

 

総量規制対象の消費者金融と対象外の銀行では、この違いがあります。

 

また消費者金融は1万円からに対し、銀行(系)では10万からの最低融資額になっている
ことが多いので、自分の希望融資額にあったキャッシングを選ぶように心がけ、そのうえで
審査に通りやすいところを選んでいきましょう。

大手サービスの審査を比較しました

キャッシングを比較すると、審査は主に3つあります。

 

1.スピード診断
2.仮審査
3.本審査

 

ほとんどの銀行・消費者金融などで1があり、審査が通るかどうか不安な方はまずは1を行うようにしましょう。

 

インターネットでまずは3つ程度の質問に答えるだけで、借入可能かどうか判断されますし、
この診断は何社やっても問題はありませんし、これは100%でないので、あくまで目安と
考えてください。

 

次に2の仮審査。

 

個人情報を入力していきますが、この時点で現在の借入が多い方は総量規制対象内で
あれば通りません。

 

また、この仮審査はスピード審査ですが、大手サービスによって多少なり違いがあります。

 

そして最後、3の本審査は、しっかりと確認されます。

 

属性とスコアリングによっての確認や在籍確認などがありますが、ここも大手サービスに
よって違いがあります。

 

自動契約機などでスピーディに行っていたり、多くの審査結果は最短即日で
知ることが
できるので、即日融資も可能になっています。

 

最近では銀行のキャッシングも比較すると、審査は最短即日が増えているので、どこも
早くスムーズな審査が行われています。

審査されることを予想

キャッシングで比較すると、審査では多少なりの違いはありますが、いくつか共通して
重要なポイントがあります。

 

その大切なポイントをチェックしていきましょう。

 

安定収入

最近ではパート・アルバイトでも申し込みができるようになり、重要なポイントとして
安定収入かどうかで決められるようになりました。
そのため、職業だけでは審査が通らないということはなくなってきましたが、自営業など
収入が不安定の場合は審査が通りにくくなっています。

 

勤務年数や居住年数

転職や引っ越しをしている人は、あまり審査で良い印象がありません。
最低半年以上でないと、落とされてしまうことがあるので、どんなに高収入や大手でも
審査に通らないという人は、こんな理由があるので注意してください。

 

借入額

総量規制によって、年収の3分の1までしか借入ができなくなり、他社の借入と合計で
しか借入ができません。
ただし借入額だけではなく、複数社借入があると審査では良く思われないこともありますが
嘘を書いても審査は通らないので、素直に書くようにしましょう。

 

どんなにキャッシングを比較しても、審査が通らない時は理由があることもあるので、
きちんと確認してくださいね。